住宅ローン見直しの審査

HOME > 住宅ローン見直しの審査

住宅ローン見直しの審査の特徴は?

審査条件の画像

今回は、住宅ローンの見直しに関して、住宅ローンの借り換え時の審査について考えてみたいと思います。

現在の住宅ローンを組んでいる会社で住宅ローンを借り換えるということは基本的にはできません。従って、住宅ローンを借り換える場合には、新たな住宅ローンの取り扱い会社と契約する必要があります。

契約前には当然住宅ローンの審査がありますので、審査にパスしなければなりません。

住宅を新築する際や、新築のアパートを購入する際の住宅ローンと、住宅ローンの借り換えの場合には、審査条件が若干変わってきます。

まず、物件に対する審査についてみてみると、新築の場合には、購入金額がそのまま物件の査定価格になります。従って、頭金をいくらにするかという問題はありますが、基本的には、頭金として諸費用分を用意できれば、物件価格の100%融資をしてもらえれば、新築物件を購入することができます。

一方、借り換えの場合には、住宅は新築ではなく、中古の状態になっています。中古物件の評価は基本的に時価を査定することになります。

地価の情勢などによっては、新築の状態よりだいぶ下回った価格として査定されることも珍しくありません。特に昨今のように、デフレ傾向にある状態では、住宅ローンを抱えている状態の多くの物件が担保割れをしています。

査定額までしか融資をしてもらえないのであれば、別途頭金を用意しないと住宅ローンを組めない状況にあります。一般的には、借り換えの場合には、物件の評価価格をやや上回る融資が認められるケースが多いといえます。

評価価格に対してどの程度まで上乗せ可能かは、金融機関によって異なりますので、ある銀行では審査に不合格だった場合でも、他の金融機関ではOKが出たというケースもあります。

物件に対する審査が新築時に比べてやや緩和されている代わりに、人に対する審査はやや厳しくなっているようです。

人に対する審査事項といえば、年齢、返済負担率、勤続年数、年収、健康状態、返済履歴などが挙げられます。年収の条件などは、新築時よりやや厳しい条件が設定されるケースが多いようです。

また、厳しく審査されるのが、現在のローンの返済履歴です。返済に滞納などがあると、まず通りません。

また、クレジットカードなどが増えていると、カードのクレジット枠が今後融資を受ける可能性ありと判断されて、審査が厳しくなる場合があります。

さらに、新築時より年齢を重ねていますので、健康状態に懸念がある場合には、団体信用保険に加入できなければ、住宅ローンの借り換えを行うことができません。

住宅ローン見直しで絶対おすすめの銀行ランキング!